ウェブ上で両替ができる時代に|外貨宅配という仕組み

投資と株式

ウーマン

資産運用のための株式

株を購入して手持ちの資産を運用するためには、運用する目的に合った株式を選定する必要があります。資産を増やすことを目的にして株式を購入する場合に、現在考えられる選択肢の一つが株式会社ドンキホーテホールディングスの株式です。なぜこの会社の株式の株式が資産の運用として考慮できるかといえば、それはここ一年間の間でこの会社の株式の価格が頻繁に上下しているからです。ドンキホーテホールディングスのように短期間で株価が上下しているような株式は、資産を増やすためには向いている株式といえます。株価ができるだけ安いときに購入し、株価が上昇したときに売却すれば、利益を得ることができます。したがって、こうした株価の変動の多い株式を買う場合に問題となるのが、いつ底値になるかを見極めることです。ドンキホーテホールディングスの場合には、ここ一年間で何度か底値になりましたが、いずれの場合も3500円から3000円の間でおさまっています。一度このような底値に達した場合は、価格は再度上向きになっていることから、底値のときにできるだけ大量の株式を購入することで、価格が上昇したときに利益を見込むことができます。実際にドンキホーテホールディングスの株式は、下降した後に上昇することも多いのが選定のポイントです。2016年の8月に価格が3500円を下回ったときにも、それから数ヶ月間で4000円以上に回復したこともあったため、投資したタイミングによっては大きな利益を得ることができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加